3年目の決断

スポンサーリンク

こんにちわ、コロンです。

先月は、突然の7枚目の葉が生えてきた事に驚いた月でした♪

先月は突然の黄変で葉が落ちてしまいました。 結局先々月と合わせると、左右の葉が一枚ずつ黄変して落ちてしまいましたので、 ...

7枚目の葉は結構なスピードで成長していますが、今月はどうなったったのでしょうか?

それでは10月の赤リップ栽培記、始まります。

■2018年10月の赤リップ栽培記
良い感じです♪
赤リップ

赤リップ

10月月初めです。

葉の成長の勢いは止まりませんね♪

まだ成葉ではないかな…?それでも、このスピードならあっと言う間に成葉に成りそうです。

見ていて凄く不安になります…
赤リップ

赤リップ

この根の部分…実は以前から少々気になっていました…。

長く咲いていた花が急に萎み、併せて急な葉の黄変と色々あって、先月は激動の月でした。 慌てて体力を貯めこませようと、花茎を落とし...

この時に急な黄変で葉が落ちた根の部分が、何とも頼りない状況になっている事に以前から気付いていたのですが、何となく見ていないふりをしていました…。

こう、写真を見るとより強く感じますね…w ちょっとした拍子でポキっと行かないかと…。

こうなったのはバークのせい…という訳では無いのですが、見ての通りバークでは株を支える事は難しく、水苔ならこの辺りを包んだりも出来そうです。

実はこの赤リップとは関係なく、育てる株数が増えてきたので、以前からバークから水苔への全面的な植え替えを検討していました。

バークは水が溜まらないので根腐れには強いのですが、水に漬けている時間が掛かるので、お世話する株数が増えると、作業時間もバカにならないのです。

水苔は水の量や管理が難しいですが、慣れてしまうと気を遣うのは水の分量だけ。

作業時間自体は短くて済みますし、手間をかけないというのが栽培のコンセプトなので、そろそろすべての株を水苔にしようかと以前から迷っていました。

そこに来てこの赤リップの状況です。

植え替えの時期は基本春先、今は秋ですが、思いきって作業するタイミングなのかも知れません…。

株に体力が無いと株がダメになってしまう事も想像しましたが、総合的に判断し、急遽水苔への植え替えを行うことに致しました。

ワサビみたい・・・
赤リップ

赤リップ

植替え前に記念撮影。普段はあまり見る事が出来ませんw

この根の状況はどうなんでしょうね…。

(ワサビみたい…。)

個人的にはあまり根の状態が良いとは思えませんが…、誰かお詳しい人が居たら根の状況を是非ご指摘下さい。

なお、人によってはグロいと思われてしまう写真ですね…w

無事に植え替えが終わりました
赤リップ

赤リップ

という事で丁寧に作業を行い、バークから水苔に思い切って変更してしましました。

…そうなんです。問題はここからです…。暫くは様子を慎重に見守る必要があります。

上の写真にあるように、根はむき出しで雑菌の入る恐れがありますし、我が家に来てから約2年、その間ずっとバーク栽培でしたから、順化しなければ、枯れてしまうか腐ってしまうか…。

これだけ大きな株なので多分大丈夫との判断でしたが…。はたして…頑張ってくれるのか…。

まだまだ油断は出来ません
赤リップ

赤リップ

植替えから一週間後、ようやく水苔になってから初の水やりです。

とりあえず様子を見るために、他の株と同じく200ml程の水を週一で与えるようにしました。

この水の量だと約3日程で素焼きの鉢が完全に乾く量ですね。

もう少々少なくても良い気もしますが…。まぁこの位でしょう。

暫く毎朝、慎重に経過を見守ります…。

■まとめ

今月は、赤リップが家に来て、初めて水苔栽培に切り替えた月でした。

上にもある通り、季節的には適当と言えず、本来なら春先まで待った方が良かったのでしょうが、目に見える株のダメージが酷く思い切って決断しました。

栄養剤もバリバリ与えて、直ぐに元気になって貰いたいのですが、人間と同じで弱ってる時に栄養剤を与えてもあまり効果はありません。

暫く様子を見て、元気になって来た頃に栄養剤を与えようと思うのですが、その頃は既に冬でしょうし、無理にあげない方が良いでしょうね…。

こう考えると、春先に植え替えをするのは理に適っている気もします。

差し当たり一週間ほど見守った感じでは、問題無さそうです。

・・・が、来月になったら急に腐ってしまった…枯れてしまった…が現実にあるのが胡蝶蘭栽培。

先日のナゴランの件もありますからね・・・、本当に怖いです。

ちょっと経過を慎重に見守ります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ランキング参加中です。クリック頂けると、ブログ継続の励みになります♪

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログのご紹介を纏めたこちらをお読み頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『3年目の決断』へのコメント

  1. 名前:向井 豊 投稿日:2018/11/21(水) 11:54:10 ID:9c998b4a5 返信

    ご無沙汰しています。ユーチャンより
    植替え前の根の状態について、
    バークを取り除いただけの状態だと、根根の表面が湿っており過湿状態のようですね。
    ミズゴケに植え替えても、長期に過湿状態が続かない方がいいと思います。
    根の表面が乾いた状態でも、胡蝶蘭は枯れたりダメにはなりませんよ。

     ちょっとお節介な ユーチャン より

  2. 名前:colonbeta 投稿日:2018/11/21(水) 23:36:30 ID:1a1d087fb 返信

    ユーチャンさん!
    いつもコメントありがとうございます。
    そして全然お節介では無いですよw
    寧ろ色々教えて頂いて助かっています♪

    成るほど、過湿状態ですか・・・。
    確かに仰る通り、私も湿り気が強いな・・・と思っていました。
    バークから水苔に変える事で、水分量の純粋な比較は難しいのですが、
    今度から少々乾かし気味に育ててみますね。
    寒くなってきましたし、猶更水のあげすぎには注意しないと怖いですからね・・・。

    いつもありがとうございます。
    また気になる記事がありましたら、色々教えて下さい♪
    引き続きどうぞ、宜しくお願い致します。