2018年6月 胡蝶蘭 アマビリス 栽培記

6月は咲いていた花が散ってしまう残念な月でした。

いずれは散ってしまうと判っているのですが、胡蝶蘭は咲いている期間が長いのでやはりショックではありますね…。

それでは今月の主な出来事をご紹介していきます。

■今月の出来事
・花の枯れ始め
アマビリス

アマビリス

3本仕立てにしているせいか、あまり花に力が無いと思っていたのですが、毎年より早いタイミングで花が散り始めてしまいました。

左右の花芽から花が枯れていくのは、何か理由があるのでしょうか…。

・そしてどんどん落ちていく
アマビリス

アマビリス

そして次の週…。一度枯れ始めると止まりませんね…。

下手に延命させるよりは、早く落とし切って、来年また花が咲くように株に力を貯めさせた方が良い気がしますが…どうでしょう。

・とうとう全て枯れてしまった・・・
アマビリス

アマビリス

枯れてしまった花を触ると花がポロっと取れるのですが、私はなるべく自然に花が落ちるのを待つ事が多いです。

こうなると可哀そうなので、早く花を落としてあげたい気持ちになりますけどね…。

なお、私は二度咲を狙わないので、根元から花芽を切り取って来年に備えます。

・花芽を切り取り、綺麗にした
アマビリス

アマビリス

とうとう、花芽を切り取ってあげました。

本当はもっと根元から切り取ってあげられれば良いのですが、剪定ばさみが他の葉を傷付けそうで…。

切り口が乾いてきたら、また後日根元から綺麗にしてあげる予定です。

邪道かもしれないけど、切り取るのはニッパとか良さそうなんですよね…。

勿論、消毒した上で…ですけどね。

■今月の育て方

水やりの頻度と量はいつもと変えていません。

花が落ちてくると、不安になって水を多めにあげたくなる所ですが、私は毎月ほぼ変えていないのです。

アマビリスはバークで育てているので、週に1回、洗面所で30分~1時間程度水をたっぷり吸わせるだけですね。

大体二日程度で乾燥してしまうぐらいが、株にも丁度良いようです。

■今月のまとめ

胡蝶蘭は育て方にもよるのでしょうが、環境に慣れてくると数カ月は花が持ちます。

このアマビリスもそろそろ花が散るかな…とは思っていたので、そこまでショックではありませんが、毎日咲いている花が散ってしまうのは、やはり寂しいものです。

ただしょうがないと言えばしょうがない事でもありますから。

早めの対応が出来た事を良しとし、来年に向けてまた楽しみに待ちたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ランキング参加中です。クリック頂けると、ブログ継続の励みになります♪

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログのご紹介を纏めた当記事をお読み頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする