もしかして育て易いのかも知れません…!?

つい先日、通販で入手した原種系胡蝶蘭のデリシオサですが、初(※)の原種系という事で、おっかなびっくり育て始めました。

随分、一般的に出回っている胡蝶蘭よりは葉が薄いな…と感じたものの、丁度成長途中の株を頂いたのか、我が家の環境が合ったのか、非常に成長は順調です。

それでは今月の記録をご覧下さい。

※後になって原種系という事だとアマビリスも原種系かも…と気付きました…。初では無いですね…。

■2018年6月の出来事
本格的に栽培開始です
デリシオーサ

デリシオーサ

少し鉢が大きかったかな?と思いましたが、満天紅と同じく素焼き4号鉢+水苔で育て始めました。

左側の手前の葉と右側の小さな葉はまだ成長途中みたいで、非常に若々しい感じです。

それ以外の葉は他の胡蝶蘭と同じように見えますが、比べると非常に肉薄な葉ですね。

非常に柔らかい葉です
デリシオーサ

デリシオーサ

一週間経って、左側の葉が少し成長してきました。

ちょっと葉がよれているのが気になりますが、無事に大きくなってる所を見ると、我が家の環境に馴染んだのだと思います。

植え替えるといきなり腐る事もあるので、まずは一安心ですね。

環境には馴染んだようですね
デリシオーサ

デリシオーサ

更に1週間後、今度は逆の角度から。

向かって右側の葉は引き続き成長していますが、小さかった左側の葉も大きくなっているのが判ります。

特別な事は何もしていないんですけどね…。ここまで順調だと嬉しくなりますね♪

早速新たな根も生えてきました
デリシオーサ

デリシオーサ

更に1週間後、よくよく根元を見ると、新たな根が生えてきているのが判ります。

まだ非常に小さい根ですが、ここから徐々に伸びてくるのだと思います。

個人的には胡蝶蘭は根が命だと思っていますので、新たな葉も嬉しいのですが、新たな根も非常に嬉しいです。

■今月の育て方

先月の末に入手して直ぐに今の鉢に植え替えました。元々水苔で育てられていたので、同じく水苔に植え替えています。

実は、今までの株はバーク(木のチップ)での栽培しかしていなかったので、満天紅の時、初めて水苔での栽培にチャレンジしていました。

その満天紅があまり成長スピードが良くなく、我が家の環境だと水苔は難しいかもという印象だったので、今回も多少悩んだのですが、株の数が増えてくるといちいち水に漬ける必要のあるバークよりも、水の量が正確なら水苔の方が圧倒的に楽という事もあり、今回も水苔を選択しています。

そういう意味では今回もチャレンジ、結構不安でしたが、株が良かったのと環境に馴染んでくれたんでしょうね、非常に順調に成長しています。

■今月のまとめ

原種系という事で非常に繊細な…というイメージでしたが、育て始めると非常に成長スピードも速く安定して育っている印象です。

この調子で無事に夏を乗り切って欲しい所です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 蘭園芸(らん)へ
↑ ランキング参加中です。クリック頂けると、ブログ継続の励みになります♪

■このブログについて
初めて当ブログにお越しの方は、このブログのご紹介を纏めたこちらをお読み頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする